さざれごと

もしかしたら誰かが見るかも、という微かな緊張感をもって綴る日常の滓や澱

これもまた

ハノイから3時間、農家にお邪魔する。

f:id:hirokix_np:20161105215119j:image

時間とか生命とかいった、そこにあるけれど普段意識することのないものと一緒に生きている様子を見て、そこにある苦を顧みることもせず浅薄に羨ましがる自分の甘っちょろさを感じる。